私たちはどうかしている27話6巻「新生わらび餅」ネタバレあらすじ感想

みあ
こんにちは、今日もスマホでマンガを読みまくっている みあ です♪私が愛用しているサイトは31日間無料でお試しできるのでおすすめですよ(^^)
U-NEXTの公式サイトはこちら

マンガ「私たちはどうかしている」の27話目「新生わらび餅」のあらすじや感想です。

コミックは6巻に収録されています。

前回では、七桜は、城島の父の得意としていたわらび餅の再現に成功しました。

それを百貨店の催事に出すことに。

そして七桜は妊娠の可能性があり、検査をします。

当日、作ったはずのわらび餅は床に散乱しています。

それでも七桜はわらび餅を売ると、七桜を敵視する女将に言います。

では、27話目をみていきましょう。

~ここからはネタバレ注意です。~

私たちはどうかしている27話「新生わらび餅」あらすじ・その1

催事の前夜。女将からわらび餅を台無しにするように金を渡された、城島。

だが城島の父親の味のわらび餅を、自分の手でダメにすることなど出来るはずがなかった。

それでも当日わらび餅は床に散乱していた。

もちろん城島の仕業ではない。

七桜はわらび餅を出すというが、催事まで三時間しかない。

さわぎを聞きつけた椿。

女将は職人の富岡に作らせた御菓子があるから、わらび餅はなくても平気だという。

笹を模した上生菓子、そして星形の最中。

この二つで十分催事は勝負できると。

椿はあるものを出すしかないという判断する。

「だれかさんが役に立たないから、余計な仕事が増えたわ」

そう城島に捨て台詞を吐いて、催事に出す御菓子を持って行く女将。

七桜は床に散らばったわらび餅を拾っていた。

これからわらび餅を作るには時間はない。

城島はどうするのか七桜に問いかける。

すると散らばったわらび餅を見て、あることに気がついた城島・・・

私たちはどうかしている27話「新生わらび餅」あらすじ・その2

そして催事が始まる。どこの店も盛況だ。

女将は自信たっぷりでお客を迎える。

そしてお客は星形の最中に注目する。

女将の横から最中をお客さまへ試食をおすすめする、七桜。

女将は驚いた。なぜここに七桜がいるのかと。

「私の作ったわらび餅を食べてもらいにきたんです、女将さん」

真っ直ぐな視線で女将を見る七桜。

女将はわらび餅などどこにもないと言う。

しかし仕掛けがあった。

星形の最中の中身、それはわらび餅だった。

それから飛ぶように売れた、星形の最中。

お客さんの笑顔は花のようにほころぶ。

そんな光景に、自分の父の姿を思い出した城島。

女将は、この件に加担していたのか椿に問う。

椿は、アドバイスしただけだと言う。

富岡が作った御菓子は一種類のみ。

頼んだものをしっかり管理している人なら、気がつくはずと椿は付け加える。

だが、わらび餅は床に落ちていたと反論する女将。

それは、七桜の失敗作を置いただけのダミーだったという。

3年前、しまやのわらび餅をダメにしたもの女将ですか?と問う椿。

それで勝てたのだからいいじゃないのと、女将は反省をしていない。

「ほんとうにかわいそうな人だな」

「でもあなたは私を突き放せない。そうでしょう」

その場から立ち去ろうとする女将に、七桜は星形の最中をすすめようとする。

だが女将は食べなかった。

そしてわらび餅は出せば売れ、完売してしまった。

おそらく投票で光月庵が一番になるだろうと催事担当の松原は言う。

そして商品名を問われた。

「“しまや”でお願いします」

椿は、松原にお願いした。

あのわらび餅を作り出した店の名前だという。

その光景を見ていた七桜に、城島はなぜそこまでしてくれるのかと聞いた。

七桜はただ意地になっただけで、途中からは御菓子作りに夢中になってしまった、と言って笑った。

そんな七桜に照れたように笑う城島。

「は……なんすか、それ。ほんとバカだよね」

私たちはどうかしている27話「新生わらび餅」感想

城島と七桜そして椿の助力もあり、女将の嫌がらせを回避できた回でした。

実に痛快ですね。

今まで女将には嫌な思いをしてきた人たち。

でも嫌がらせをそのまま仕返しするのではなく、知恵を効かせて守ることで、勝負に勝つことができました。

もちろん知恵だけでなく、わらび餅の質もあり、それを再現できた七桜の御菓子への情熱は勝因として欠かせません。

ハラハラどきどきする展開はずっと続きますが、長年の思いが報われた城島にほっと安堵しました。

ですが、女将は諦めていません。

次なる展開が待ち遠しいです。

NEXT⇒私たちはどうかしている28話へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です