麒麟がくる第4話の感想とおもしろツイートまとめ

スポンサーリンク



今週も大盛り上がりだった「麒麟がくる」。
後の徳川家康である竹千代くんがかわいかったり、話題が尽きない45分間でした♪
今回も感想・考察やおもしろツイートをまとめていきますね(^^)

麒麟がくる第4話の感想

男性
高橋克典さん演じる織田信秀が、東庵先生に薬売りにきた十兵衛らを「捕らえろ。斬れ」で完全に密偵と見抜いてるの、東庵先生の言動が不審だったからというより「美濃のマムシなら、絶対にそうする」という確信に似た思いがあって、あの二人、めっちゃ通じ合ってる。敵だけど。敵だからか。
男性
種子島と鉄砲(火縄銃)が本能寺とも実は関わりが深いことをきちんと調べた上で布石にしてくる脚本、信頼しかない。
男性
なにげにセリフで「尾張に家康を人質を出して」と、通説の家康人質強奪説じゃなくて、岡崎城まで織田信秀に落とされて強奪でなく織田信秀に家康を人質だした説という最新の説を採用してるな
男性
主人公の前半生が謎だから、他国潜入とか、三英傑との出会いとか、好き放題に創作しまくり!って割と定番ですが、一歩間違えれば陳腐になりかねないそれも、拮抗する国同士と、そこに巻き込まれた(しかしタダでは転ばない)者とのヒリヒリした腹の探り合いで45分魅せる脚本やはり巧いな…
女性
菊丸は「兄さ」と呼ばれ慣れてるから、兄の役をやりたかったと仮説。
似てない兄弟は秀吉(日吉)と秀長(小一郎)を彷彿とさせる。
日吉は信長に仕える前は、あちこち流離ってた(筈)。
盗賊に掴まって咄嗟に偽名で生活していた。
菊丸 ⇒ 秀吉 説。
って事でしょうか?
女性
腹の探り合いのシーンと敵地潜入・人質がテーマって感じだったね。後信秀がすごろくに夢中なってたり岡村さん演じる菊丸が結構な出演数で驚いた。
忍びか何かなのかな?(流石に無いか)後竹千代(後の家康)も出て来たり内容盛りだくさんで面白かった(´ω`)
男性
東庵先生の方も、道三が交渉を続けてることはわかってて、この時点では報酬よりも「ここで自分や駒が道三に殺されないためにはどうすればいいか?」に思考が向かっている。博打の借金を肩代わりしろ、って言ったのは、金が欲しいのではなくて道三の信頼が欲しいから。
男性
今回の大河ドラマはヒリヒリする展開が多くて良いな。
戦国大名は甘くない感じがよく出てる。
道三や信秀が単なる良いおっさんじゃないとこが最高。
光秀が真田丸で無理難題をどうにかして解決してる堺さんの信繁を彷彿させて面白い😁
女性
光秀と菊丸による尾張潜入ミッション。目的は、東庵先生から織田信秀の情報をゲットすること。
光秀はともかく、何も分からず協力させられた菊丸が気の毒。下手したら死んでた。
こういうのは主人公が若い、つまり何をやってたか歴史的にハッキリしないうちしかできませんね。
女性
お子さま相手でもきちんと、しかも心を込めて、理を説明する十兵衛。なんて真面目で優しくて筋を通して義を尊んで論理的な人なんだ。竹千代への説得のしかたで人柄が見える。描写がこまやかだなあ
女性
麒麟が来る、堺正章油断がならんと思ってたら、実は岡村もただもんじゃないような、どうなんでしょう。
女性
今日のハイライト
2人の武将と駆引きするマチャアキの老獪振り
岡村さんが語る三河国の苦しい台所事情&故郷の不安定な情勢に対する憤り
竹千代様可愛ええええええええええ
干し柿食べてええええええええええ

麒麟がくる第4話のおもしろツイート

【関連記事】
【麒麟がくる】竹千代を演じたのは岩田琉聖くん!これまでの代表作は?
麒麟がくる第3話の感想とおもしろツイートまとめ
麒麟がくるロケ地撮影場所、栃木県ではどこ?壬生町と塩谷町!?

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です