私たちはどうかしている最新51話11巻「マイセルフ」ネタバレ注意!あらすじや感想など

スポンサーリンク



みあ
こんにちは、今日もスマホでマンガを読みまくっている みあ です♪私が愛用しているサイトは31日間無料でお試しできるのでおすすめですよ(^^)⇒
U-NEXTの公式サイトはこちら

私たちはどうかしているの最新話である51話が、BELOVE11月号に掲載されました。
この51話はコミック11巻に掲載予定です。

前回の50話は、倒れた大旦那さまが意識を取り戻し七桜の正体に大旦那さまも分かり、火事の時の真相が明らかになり椿は本当は七桜の元に行こうとしていたことも分かりました。
さらに、七桜は大旦那さまに、光月庵で御菓子を作りたいとお願いをし、正式な後継者を決めるために椿と七桜に御菓子対決をしてもらうことになりましたね!

今回の51話では、御菓子対決へのそれぞれの思いが垣間見えるお話でした。
さらにあの事件の新事実や、最後にあの人が七桜にとんでもない告白をしちゃいます!
もう、私叫んじゃいました(〃∇〃)

みあ
さっそくあらすじをまとめていきたいと思います(^^)
ここからはネタバレ注意です!

私たちはどうかしているネタバレ注意!51話あらすじなど①

光月庵にて

大旦那様がいつぞやに書いた遺言状…女将が火事の日に探しても見つけられなかったあの遺言状、これは仏壇の遺影の裏に隠されていました。
大旦那様がその遺言状を燃やして処分しています。
椿と七桜、どちらか「魂をふるわすような御菓子」を作った者を光月庵の正式な後継者とすると言ってから、大旦那様はこの決断でよかったのか自問自答する日々を過ごしていました。

女将が大旦那様のご飯を持ってきますが、大旦那様は「女将が持ってきたものは口にしない」と言って下がるように言います。

みあ
え、あの大旦那様が倒れたカラクリは食べ物に何か入れたってことですかΣ(゚Д゚)!?

女将は大旦那様の決断に不満があるようで、大旦那様に聞いてみるのですが考えを変える気はないとの大旦那様。
女将は、もしも七桜が勝ってしまったときのことを考えなんとかしなければと奮起しています。

そんな鬼の形相の女将の表情を和らげたのは、女将の部屋にやってきた栞でした。
栞の実家である「長谷屋」がまだ女将には切り札として残ってると思いだした女将は、これみよがしに栞に結婚式の詳細について相談を始めます。
でも栞は結婚できないと女将に言います。
それは妊娠してないからか?と何食わぬ顔で聞く女将。

みあ
なんと知ってたのですね!

でも女将は、そんなことは後からどうにでもなる、だの、椿との子供じゃなくてもいい、だのと言い栞に迫ります。
子供がいたら状況はいくらでも変わる、と言って引きません。
迫る女将を止めたのは椿です。

みあ
この時の女将はまさに恐怖でした((((;゚Д゚))))

椿は女将に、関係ない人を巻き込むなと釘を刺します。
ですが凄むように、椿に御菓子対決に勝てるのか、大旦那様を納得させる御菓子を作れるのかと責めます。
七桜のお母さんに樹を奪われ、今度は七桜にも光月庵を奪われたらどうしようと不安を口にしています。

椿は、でも七桜は母親は無実だと思っていると伝えます。
それでも女将は七桜の母が殺したと言い切りました。
さらに、樹の腕の中で七桜の母と一緒に死のうと約束しているのを聞いたと告白します。
女将は、樹が先に自分で刺し、でも七桜の母は直前になって怖くて逃げたんだと言います。

みあ
えーーーーまさかの自殺ですか!?

椿も女将の話を聞きながら当時のことを思い出したみたいで、少し悔しそうな、辛そうな表情です。
でも口から出た言葉は、女将のような恨みつらみではなく、御菓子対決には勝つ、という決意の言葉でした。

私たちはどうかしているネタバレ注意!51話あらすじなど②

一方、花がすみでは…

光月庵で大旦那様から「御菓子対決」を言われた日から、七桜はお店も開けず対決で作る御菓子の試作を作ることばかりをしています。
それはもう、多喜川が見ていて心配しちゃうレベルでストイックにやっています。
連日お店を休んでいるので、お客さんも心配しています。

ついに寝不足がたたってよろける七桜。
多喜川も慌てて駆け寄り心配そうに、少し休むことを薦めます。
でも無理、休めないと七桜。
どうやら対決の御菓子が何もできてないようなのです。
アイディアや使う材料、何もかもです。

そんな状況だったことに多喜川もびっくりの様子。
七桜は旦那さまが何を好きなのか、どんなことに感動するのかなど何も知らないし思い出も無いから、どんな御菓子を作ったらいいかがわからないみたいです。
一緒に過ごしてきた椿に叶うわけないと。

みあ
この時の辛そうな七桜の表情が切ないです(T_T)

多喜川は七桜の手を止め、落ち着かせるように近所のおばちゃんからもらったみかんを一緒に食べます。
七桜はみかんを食べながら、御菓子を作るのが怖くなっていることを打ち明けます。
今まで御菓子作りは七桜の助けになっていたのに、今は作ることが怖くて仕方ないみたいです。

でもその告白を聞いた多喜川は安心したと七桜に言います。
この3年間の七桜を見て、サイボーグかと思っていた、普通の人間なんだと安心したと。
弱音を吐いていい、光月庵を継ごうが花がすみを続けようが、どんな七桜でも七桜。
だから自分が好きだと思える御菓子を自信を持って作っていい、と諭してくれます。

みあ
もう、こういうことを言ってくれる大人の人っていいですよね(*´艸`*)

七桜は、どうしていつも欲しい言葉をくれるのか、と多喜川に問います。
七桜がそうさせるんだよ、と顔を近づけて…
さらに、七桜の夢が叶って全てが終わったら僕と結婚してほしい、とプロポーズするのです!

みあ
多喜川さん!!まじですか!!!Σ(゚∀゚ノ)ノ

51話はここまでです。

私たちはどうかしているネタバレ注意!51話感想

みあ
注目の御菓子対決はまだでしたが、なんかサラッと大きな出来事が2つあった51話でしたね。

まずは椿の父、樹の死の真相。
犯人…居なかったのですかね?
でも、女将の言うことですから全部が全部本当じゃないと勘ぐってしまいます。
七桜の母は「一緒に」って言ってるので、ナイフを用意してそれぞれで、ってことありますかね?
んー、まだたぶん確定事項じゃないような気もしますが、一応七桜の母は直接の犯人ではないって事になりますね!

そして何より最後です!!
多喜川さんまじかー!ってなりました。
もちろん、七桜が愛おしくて大切で…というのはこれまでの言動でわかっていましたが、ここでプロポーズしちゃうとは予想のを上回っていました。
大人の男の人に言われるのいいですね〜。

でも少し切ないのは、七桜が「どうしてほしい言葉をくれるのか」のセリフ。
これ、かつて椿も七桜に同じように思っていましたよね。
そしてそれで椿も七桜にどんどん惹かれていっていきました。
なんとも切ない三角関係?になりそうで…御菓子対決も、七桜がどう応えるのかも、椿はどうするのかも、続きが気になりすぎます!

みあ
来月も待ち遠しい限りです!

NEXT⇒私たちはどうかしている52話へ

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です