フライドポテト・バーガーはなぜ作られたのか?日本での販売は?

スポンサーリンク



バーガーキングがニュージーランドで「フライドポテト・バーガー」なる商品を発売したそうです!
ビジュアルにインパクトがあるこのフライドポテト・バーガー。
日本でもすでに賛否両論話題になっていて、なぜ作られたのかのかや日本で売られるのか気になっている人が多いみたいですね!

フライドポテト・バーガーはなぜ作られたのか?

(CNN) 米ファストフード大手バーガーキングがニュージーランドで、フライドポテトだけをはさんだバーガーを売り出し、ソーシャルメディア上で話題を呼んでいる。
バーガーキングは最近、植物性の代替肉を使ったハンバーガーなどを販売しているが、新商品の「チップ・バティ」はバンズの間にマヨネーズとケチャップ付きのフライドポテトをはさんだバーガーで、価格は2NZ(ニュージーランド)ドル(約140円)。これにベーコンを加えた商品もある。
引用元:https://www.cnn.co.jp/business/35149772.html

CNNのツイッターでこの記事がツイートされたとたん、ツイッター民の反応がすごかったです!

男性
これ考えた奴は天才
男性
迷走してると思う。
ビジュアルのインパクトはある。
フライドポテトの形状はサイドに居てこそ。挟まるなって。
女性
ハンバーガーとポテト買ったら普通にやりますよね?
アレンジするのは大事です!(*^^*)
女性
ポテト蕎麦は汁という水分があるから問題なく食べれるけどこれだと餅以上に老若男女問わず気道が殺されて救急車が不足しかねん()

なぜこのような商品が生まれたかも、サイトに載っていました!

ある店舗の調理場で責任者が偶然、バンズの上にフライドポテトを落としたのをきっかけに考案されたという。
引用元:https://www.cnn.co.jp/business/35149772.html

なんと、商品化のきっかけは、偶然落としたから、だそうです!

「よくこうやって食べるんだよねー」などの会話から生まれたわけじゃないんですね!笑

お次に気になるのは、日本での販売があるか、ですよね?
調べてみると…

フライドポテト・バーガーは日本での販売は?

今後さらにニュージーランド以外でも発売されるかどうかは明らかでない。
引用元:https://www.cnn.co.jp/business/35149772.html

まだ何も決まってなさそうです。

ただ、日本にもマックのグラコロバーガーや「うどん+ミニ天丼定食」など【炭水化物×炭水化物】の商品が割りとあるので、受け入れられそうですよね!笑

男性
焼そばやグラタンコロッケをパンに挟んだり、お好み焼きにご飯とお味噌汁つける国もあるからどうってことない()
女性
炭水化物の極みで草
男性
マヨネーズ、ケチャップ、ポテト、、、、美味しそう。
女性
コレって
油と炭水化物だけですなぁ。
しかし
食べたくなってしまう悪魔的食品。
ジャンキー感。
女性
みんなで順番に一本ずつポテトを抜いていって崩れた奴が負け のゲームが流行る
男性
普通にうまそうだなw
料理は組み合わせだから、いいと思うな
男性
なにこの「ジャンクフードの極み」みたいなバーガー、、

まぁでも安いですし、お試しに1度は食べてみたい感はありますよね!

【関連記事】
ごはんバーガーを匂わせていたマックのツイートとは?2月5日〜ごはんバーガー発売!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です